MIZENクリニック市ヶ谷における

「脂質異常症」治療

市ヶ谷夜間内科 MIZENクリニック市ヶ谷

​「脂質異常症」とは

脂質異常症とは、血液中の脂肪分(コレステロールや中性脂肪)が増えすぎて、血液がドロドロになった状態をいいます。そして、ドロドロになった血液によって、血管に脂肪分が付着しやすくなったり、血管に負担がかかったりして、「動脈硬化」(血管が硬くなってしまう状態)を引き起こしてしまいます。

 

以前は、「高脂血症」ともいわれていましたが、善玉(HDL)コレステロールが少な過ぎても異常であることから、現在は「脂質異常症」という病名が定着しています。

注目する脂質は3種類です。

上記3種類の脂質によって、以下の脂質異常症に分類されます。

 

・低HDLコレステロール血症

・高LDLコレステロール血症

・高トリグリセライド(中性脂肪)血症

 

脂質異常症の中で最も多いのは、「高LDLコレステロール血症」です。

なお、脂質異常症であっても、ほとんどの場合、症状がありません。そのため、発見や治療が遅れ、気づかぬうちに血管の動脈硬化が進み、ある日突然、心筋梗塞・脳卒中など命に関わる重大な発作にみまわれるのです。

市ヶ谷夜間内科 MIZENクリニック市ヶ谷

​「脂質異常症」の原因

では、どのような人が脂質異常症になりやすいのでしょうか。脂質異常症の多く、特に高LDLコレステロール血症や高トリグリセライド血症では、食習慣に原因があります。以下の表に脂質異常症と原因をまとめました。

あまり多くはありませんが、他の原因として、遺伝的要因による「家族性高コレステロール血症」もあります。家族性コレステロール血症の場合は、動脈硬化が進みやすいため、生活習慣の改善だけでなく、医療機関での治療・指導が重要となります。家族・親族の中で脂質異常症の人が多い場合は、早めに受診しましょう。

市ヶ谷駅近の夜間内科 MIZENクリニック市ヶ谷.png

市ヶ谷夜間内科 MIZENクリニック市ヶ谷

​「脂質異常症」の診断

以前(2006年)までの診断基準は善玉(HDL)と悪玉(LDL)のコレステロールの合計である「総コレステロール値」について判断するものでした。しかし、この診断基準では善玉(HDL)と悪玉(LDL)のコレステロールの区別がつかず、善玉(HDL)の値が高くても「高脂血症」と診断されてしまいました。

そのため、新しい診断基準では以下のように細かく分けることになりました。

市ヶ谷夜間内科 MIZENクリニック市ヶ谷

​「脂質異常症」を治療しよう

健康診断で「脂質異常症の疑いがある」「脂質異常症について要治療」と指摘されたときは、早めに受診して医療者から生活指導を受け、治療を始めましょう。脂質異常症を治療するには、毎日の食習慣の改善と、薬物治療が中心となります。まずは食習慣の改善についてご説明します。

「脂質異常症」における食習慣のススメ

ポイント①:肉・揚げ物・スイーツを控えめにする

最近の日本人の傾向として、無意識に「カロリー摂り過ぎ」の食習慣を送っています。洋食レストラン・ファストフードの普及で肉類・揚げ物などを多く含む食事が日常的になり、スイーツブームでケーキなどの甘いものを食べる機会が増えました。肉類・甘いスイーツなどに多く含まれる動物性脂肪を控えめにすることが大切です。肉を食べるときにはロースよりもヒレを、また鶏肉の皮は食べないように気をつけましょう。

ポイント②:魚を多く食べる

動物性脂肪の一種である一方、魚に多く含まれる「不飽和脂肪酸」には、悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きがあります。サバ、イワシ、サンマなどの青魚には特に多く含まれていますが、マグロの赤身やタイにも多く含まれていますので、おかずは肉ではなく魚を積極的に摂るようにしましょう。なお、焼き魚よりも、刺身や煮魚のほうが効率よく不飽和脂肪酸を摂ることができます。

ポイント③:豆・キノコ・野菜・海藻を多く食べる

大豆などの良質な植物性タンパク質には、悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。豆腐、納豆など簡単に手に入る豆食品を毎日の食事に取り入れましょう。
また、キノコ・野菜・海藻をはじめとする植物繊維には、コレステロールや中性脂肪を体の外に出してくれる役割があります。食物繊維を積極的に食べているつもりでも、必要量の半分程度しか摂っていない方も多くみかけられますので、意識して摂るようにしましょう。

「脂質異常症」における運動習慣のススメ

次に、運動習慣の改善についてご説明します。交通網・交通手段が発達し、移動が便利になった現代では、運動不足の方が多くみられます。

気軽に始められる運動としては、一日30分程度のウォーキングをオススメしています。ウォーキングを行う際は、大股・早歩きを意識し、週3日以上行いましょう。ただし、持病をお持ちの場合には運動自体がオススメできないこともありますので、主治医と相談してから始めましょう。

「脂質異常症」における薬物治療

脂質値が基準値から大きく外れている場合、他の要因によって動脈硬化の進行スピードが速いと考えられる場合、上記で説明したような食習慣・運動習慣の改善を行っても脂質値のコントロールがうまくいかない場合は、お薬の投与を始めます。脂質異常症の治療薬にはたくさんの種類がありますが、現在処方されているお薬としては、主に以下のようなものが挙げられます。

また、LDLコレステロールの高値の方については、高齢・タバコ・他の生活習慣病・家族歴などの危険因子がある場合には、他の方よりも厳しい目標値(100~120mg/dl以下にするなど)が設定されます。一方、ほかの危険因子が全くない場合には、LDLコレステロール値が少し高めであっても食事などの生活指導を中心とした治療が行われたりします。

市ヶ谷夜間内科 MIZENクリニック市ヶ谷

​まずは受診しましょう

健康診断で指摘されたものの、生活習慣病の薬を一度飲み始めると一生飲み続けなければいけない、または、受診し始めると一生通院しなければならないと考えている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

たしかに、脂質異常症の治療薬は脂質異常症の原因そのものを治すわけではありませんので、きちんと生活習慣の改善をせずに薬をやめてしまうと、脂質異常症に戻ってしまう可能性は高くなります。しかし、MIZENクリニック市ヶ谷では積極的に個別の生活習慣指導を行い、生活習慣の改善がなされていることを確認しつつ、脂質異常症の治療薬を少しずつ減量し、脂質値の変化をみて、その後に薬量を元に戻すか、減量するか、判断していきます。

 

そのため、MIZENクリニック市ヶ谷に通院して脂質異常症の治療を開始したものの、最終的にお薬をやめられた方も大勢いらっしゃいます。

もちろん上記の例は、薬を使っている間に脂質値がしっかりと正常値に下がっていること、生活習慣がきちんと改善できていることが大前提となります。脂質異常症の状態、薬の効果、生活習慣の改善状況には個人差がありますし、治療方針は患者さんの個々人のリスクを細かく考慮しながら医師が判断しますので、ぜひ一度、気軽に「市ヶ谷駅近の夜間内科 MIZENクリニック市ヶ谷」へご相談にいらしてください。

市ヶ谷駅近の夜間内科 MIZENクリニック市ヶ谷.png

​不眠

​喘息

​メンタルヘルス

  • MIZENクリニック市ヶ谷_facebook

MIZENクリニック市ヶ谷のfacebookページです。休診日の案内などお知らせしますので、フォロー宜しくお願いいたします。

© 医療法人社団 弘寿会  All Right Reserved.